NEXCO メンテナンス九州

Product

製品案内

橋梁伸縮装置漏水補修工法

REJ工法

特許登録:第6441113号 特許出願中:2017-109592、2020-103416 NETIS登録番号:QS-190028-A

防水性・耐久性・施工性に優れた漏水補修工法

橋の延命化には、伸縮装置からの水の流れ込みによる鋼材の腐食や、コンクリート劣化が起因するため伸縮装置の防水対策が重要です。
REJ工法は、付着性と伸縮性に優れた止水材を遊間へ充填することで、橋梁本来の止水機能を回復させる工法です。施工は止水材の取り換えのみとなるため、本体取換えに比べ、はつり作業による施工基面への損傷がなく、施工時間の短縮が図れます。

  • REJ工法

特徴

防水性

止水材として伸縮性・付着性に優れたシーリング材を専用充填装置にて打設することにより、被着体との付着性能を向上しジョイント部からの漏水を防ぎます。

耐久性・耐候性

止水材の耐久性確認試験として、100,000回の伸長圧縮繰返し試験を実施し、剥がれ及び破断等の発生はありません。また、促進耐候性試験(JIS K 6718 キセノン式)により、10,000時間(100年相当)の耐候性試験で硬化及び劣化の発生がないことが実証されています。

素地調整

鋼材部のブラスト(一種ケレン相当)で完全に錆びを除去できることにより、止水材の付着性を向上させます。

施工性

全取替に比べ止水材のみとなるため施工が容易で、施工完了後速やかに交通開放ができ、補修工事の大幅な時間短縮に繋がります。

品質性能

適用区分 物性
■縦歯型ジョイント(伸縮量50mm未満)
■横歯型ジョイント
50%伸長時の引張応力
(JIS A 1439)
0.1N/m㎡
最大引張応力時の伸び
(JIS A 1439)
1720%
■縦歯型ジョイント(伸縮量50mm以上) 50%伸長時の引張応力
(JIS A 1439)
0.2N/m㎡
最大引張応力時の伸び
(JIS A 1439)
694%

適用条件

項目 適用基準
伸縮装置 簡易銅製ジョイント
伸縮量 全適用
施工時遊間 15mm以上

製品のご用命・
お問い合わせはこちら

電話・FAXでのお問い合わせ

TEL092-716-3983

FAX092-716-4020

(技術営業部)

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは

※ご記入いただいた内容によっては状況の確認を行いますので、回答に時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。